切開しない豊胸とは「ヒアルロン酸注入」!

豊胸手術には切開する方法としない方法があります。切開しない方法の一つが「ヒアルロン酸注入」です。ヒアルロン酸注入による豊胸は約30分~1時間で終了し、注入する量によって料金が異なります。麻酔が効くまで待つ時間が必要で、ヒアルロン酸の注入時間は約10分~30分です。ヒアルロン酸注入は胸のサイズを大きくするだけでなく、アンチエイジングとして形や角度の修正など、バストラインの形成目的で行う人もいます。

ヒアルロン酸注入による豊胸の方法とは?

ヒアルロン酸注入では、目立たない場所に小さな穴を開けて、細い棒からヒアルロン酸を入れていきます。ニキビ跡のような赤い点が残る場合もありますが、傷跡はほとんど残りません。基本的には、脇の下や胸の下など、皮膚や洋服で隠れる場所に穴を開けます。注入するヒアルロン酸は豊胸用として開発されたものを使用するため、柔らかい触り心地になることが特徴です。

ヒアルロン酸による豊胸の注意点とは?

豊胸用として使われるヒアルロン酸は、徐々に体内へ吸収されます。一般的には10日~1ヶ月で大きく膨れ、その後は時間をかけて吸収するでしょう。個人差はありますが、2年~4年後には吸収してなくなってしまいます。よって、ヒアルロン酸注入による豊胸を維持するためには、定期的に補うことが必要です。6ヶ月に1回や18ヶ月に1回など、注入したヒアルロン酸の種類によって決められたタイミングで、再注入をします。ヒアルロン酸注入による豊胸の場合、日常生活に制限がかかることはありません。基本的には入浴や運動などをしてもいいことになっています。しかし、体に負担がかかっていることを忘れず、無理をしない方がいいでしょう。

豊胸手術とは、一般的に美容目的で行われる、乳房のサイズを大きくする整形手術です。人工乳腺を用いる方法や、ヒアルロン酸を用いる方法があります。