カミソリと電気シェーバーは定番の処理方法

数ある無駄毛処理の方法の中でも、カミソリを使用する方法は最も簡単なものです。カミソリはどこでも安価で購入することが出来ますし、処理を行う際も特別な技術を必要としません。ですが、誰でも簡単に処理を行うことが出来る反面、無駄毛と一緒に皮膚の角質まで削り取ることになるため、肌トラブルの原因になることもあります。電気シェーバーはカミソリとは異なり、肌に直接触れることなく処理することが出来るため、安全性は非常に高いと言えます。しかし、カミソリのような深剃りを行うことは不可能ですので、見た目に不満を感じることが少なくありません。そして、深剃りが出来ないということはカミソリよりも頻繁に処理を行わなければならないというデメリットもあります。

毛抜きは毛穴へ与えるダメージが甚大

無駄毛を剃るのではなく、抜くことも定番の処理方法です。カミソリや電気シェーバーで処理した後は、再び無駄毛が生えてくるとチクチクした肌触りが気になります。毛抜きやピンセットで無駄毛を一本一本抜くことは大変な手間が掛かりますが、無駄毛が生えてくるまで時間がかかりますし、チクチクしにくくなります。ただし、毛抜きは毛穴へのダメージが非常に大きく、埋もれ毛も発生しやすくなり、見た目が汚くなってしまう原因にもなります。毛抜きやピンセット以外にも自動的に無駄毛を抜いてくれる電動毛抜き器もあります。一本一本無駄毛を抜く労力を省くことは出来ますが、激痛が伴うだけでは無く、やはり毛穴に与えるダメージは大きい処理方法だと言わざるを得ません。

医療脱毛で照射した肌は紫外線のダメージを受けやすい状態になっているため、施術後の日焼けは避ける必要があります。