毛を剃る方法のメリットとデメリットは?

ムダ毛処理をする方法として、カミソリ、電気シェーバー、トリマーの3種類があります。

カミソリはムダ毛を処理する方法の中で一番簡単で、安価な方法ですよね。しかし、カミソリは肌を引っ張り、ひっかくようにムダ毛を処理していくため、肌へのダメージが非常に大きいです。電気シェーバーはカミソリに比べ、肌の負担は少ないですが、深剃りができません。そのため、脱毛処理を行っても、毛の部分が少し残ってしまい、脱毛処理に満足できない可能性があります。トリマーはペンタイプの機械でバリカンのような刃をしていて、産毛などの細い毛に向いています。しかし、細い毛を処理することもあり、トリマーは処理のし忘れが起こりやすいといえます。

毛を抜く方法のメリットとデメリットとは?

毛を抜いてムダ毛を処理する方法には、ピンセットで地道に抜いていく方法、ワックスや脱毛テープを使って一気に毛を抜く方法、電動毛抜きの3種類があります。どれも毛穴への負担が大きいです。ピンセットで抜いていく方法は抜いてしまえば、しばらくは生えてきません。しかし、すべての毛を抜こうとするとすごく時間がかかってしまいます。ワックスや脱毛テープを使用する場合は、一気に脱毛処理できますが、肌からワックスや脱毛テープをはがす際に、毛穴のほかに肌のダメージが非常に大きいです。電動毛抜きはそれなりのスピードで毛を抜いてくれますが、埋もれ毛ができやすいというデメリットがあります。

その他の方法にもメリットやデメリットはある

その他には熱線式の除毛機やヒートカッターで毛を焼き切る方法、除毛クリームなどの薬剤を使った方法があります。これにもやけどや肌へのダメージが大きいなどのデメリットがあります。

幅広い分野から注目を集めている上野の脱毛。上野の脱毛の裏話は、男性の利用が増加していることです。ジェンダーレス思考が若者の間で広がりつつあることに起因しています。