薄毛の人が増えている原因はストレス?

現在の日本は「ストレス社会」と言われ、ストレスをため込みながら生活している人が急増しています。ストレスは人間の健康にも様々な悪影響を及ぼし、その中の1つが「薄毛」です。若い男性がAGAを発症するケースが増えており、過度なストレスはホルモンバランスの乱れを引き起こし、AGA発症の引き金になることがあります。また、ストレスは血行不良を引き起こすので、頭皮まで栄養が届かず、育毛の妨げになってしまうでしょう。女性の社会進出が増え、ストレスをためる人が急増。薄毛やハゲは男性のイメージが強かったですが、女性で薄毛に悩まされる人も多くなっています。本来なら薄毛に悩まされることがない人も、ストレスが原因で抜け毛が増えたり、髪の毛が薄くなったりしている可能性があるでしょう。

ストレスが与える頭皮への悪影響

ストレスは血行不良を引き起こします。仕事の忙しさや、人間関係によってストレスを感じると、自律神経に乱れが生じ、血管の収縮が起こってしまいます。血管が収縮してしまうと血液が流れにくくなり、末端まで髪の毛の材料となる栄養が届かなくなってしまうのです。また、自律神経が乱れることにより、不眠を引き起こすこともあります。自律神経が乱れているとリラックスしている時に働く副交感神経があまり働かなくなるため、熟睡できなくなってしまうのです。髪の毛は寝ている間に成長したり、傷を修復したりするので、良質な睡眠がとれないと、薄毛の原因に。このようにストレスがたまると薄毛の原因を引き起こすので、ストレスと上手く付き合っていく方法や、発散する方法を見つけることが、薄毛を対策する上で重要になります。

育毛は、内服治療や発毛メソセラピー、サプリメントなど様々な方法があり、年齢や性別、症状などに応じてケアをすることで改善を目指すことができます。