痛くない脱毛なら、光脱毛がおススメ

脱毛方法は大きくわけで2種類あります。サロンで行われる光脱毛やクリニックで行われる医療レーザー脱毛の2種類です。医療レーザー脱毛は、単一の波長をもつレーザー光を当てて、毛根を破壊する方法。光脱毛は複数の波長をもつ光を当てて脱毛する方法です。医療レーザー脱毛は、効果は1回の施術で高い効果があるけれど痛みが強く、光脱毛は効果が出るまでに時間がかかる場合もあるものの、痛みが弱いといわれています。いずれも一長一短ありますが、とにかく痛くない脱毛がいい、と思う人には、光脱毛がおススメです。

光脱毛の中にも、いくつかの選択肢がある

光脱毛は基本的にエステサロンなどで施術を受けることができます。光脱毛といえば、これまではIPL脱毛が主流でした。IPLというメラニン色素に反応する特殊な光を当て、毛根を破壊する方法です。最近では、IPL脱毛以外にも、さまざまな種類の光脱毛が登場しています。具体的には、ハイパースキン脱毛、SHR脱毛、SSC脱毛などです。

注目度の高い、新しい光脱毛

注目度が高まっている光脱毛といえば、ハイパースキン脱毛です。従来の光脱毛は成長期の毛根のみに効果があるものがメインでした。一方、ハイパースキン脱毛は、休止期にある「毛の種」に作用します。発毛因子に作用し、細胞分裂を抑制。発毛そのものを抑える方法です。高温の熱を必要としないため、痛みが抑えられます。発毛を抑制する脱毛方法としては、SHR脱毛もあります。バルジという発毛組織に熱を蓄積させ抑毛する方法です。毛周期に左右しづらいため、脱毛完了まで少ない時間ですみます。また、SSC脱毛は、脱毛したい場所に特殊なジェルを塗り、光を照射する脱毛方法です。ジェルを毛穴に浸透させ、抑毛をうながします。

注目度の高いえりあしの脱毛(うなじ脱毛)。ショートカットのかたや、ロングヘアーを束ねる方は後ろからの姿も気にしているものです。そこで利用するのがえりあしの脱毛です。