脱毛後に赤みが発生することもある

脱毛する種類によっても状態は多少異なりますが、脱毛後の皮膚に起こりやすい症状として赤みが挙げられます。レーザーや光脱毛だけではなく、自己処理後にも毛穴が赤みを帯びることは少なくありません。人によって発生する症状は大きく異なりますが、毛穴だけ赤くなる人と皮膚全体が赤くなる人といます。対策としては、冷たいタオルや保冷剤を使い、赤みを感じる部分を冷やしてください。ただし保冷剤や氷などを使う場合は、冷やしすぎて体調への影響が懸念されるため、タオルなどに包んで使いましょう。通常なら1日で赤みが引きますが、肌がデリケートな場合、1週間ほど残ることも少なくありません。また、3日以上すぎても違和感やひりひりとした痛みを感じる場合、やけどをしている可能性が高いため脱毛した店舗に相談するか、皮膚科に行って赤みのある部分を診てもらいましょう。

脱毛直後にできるニキビとは

脱毛後の毛穴や、周辺にニキビのような赤や白の吹き出物が発生することもあります。これは毛嚢炎と呼ばれ、脱毛の処理を行った時に毛包と呼ばれる部分が傷ついてしまうことによって起こる症状です。傷ついた部分に雑菌が入って化膿してしまうため、治るまでは消毒作用のある化粧水や消毒液を使うといいでしょう。ただし、肌の乾燥がひどくなってしまうリスクもあるため、肌の乾燥対策のためにオールインワンゲルや保湿クリームを使ってください。なお、脱毛してすぐ保湿を行うと、肌の赤みや毛嚢炎となるリスクが減少するため、脱毛直後はなるべく肌の保湿をしたほうがいいでしょう。

大阪の脱毛とは大阪で体毛を意図的に除去することを指します。脱毛は美容や身だしなみの観点から行われています。